スタッフブログ

千葉市稲毛区長沼コミュニティセンターのイベント・出来事をお伝えします

記事表示

つるし雛の展示が終了しました


つるしびな展
つるしびな展
つるしびな展
2月6日~18日、ひな祭りより一足早く「つるしびな展」を実施しました。
作品は長沼コミュニティセンターで活動されているひなの会様が制作されたものになります。
吊るされているちりめん細工にはそれぞれ意味があり、例えば「鯛」は「おめでたい日がたくさんありますように」、「さるぼぼ」は「病や災いが去るように」という願いが込められているそうです。
ひな祭りで飾られるように、「鳩」「人参」「筍」などは子孫繁栄や子どもの成長を願ってのものなのだとか。
ひとつひとつが緻密な作りで、まずそこに目が行ってしまいますが、そう思って観るとまた違う楽しみ方ができますね。

ひなの会様には、コミュニティ祭りでも毎年ご参加頂いております。
そちらではつるしびな以外にもたくさんのちりめん細工が展示されており、ブローチや置物の販売もありますので、ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。


千葉市稲毛区長沼コミュニティセンター